メンバー紹介

佐藤 彰恵 (理事・慶應義塾大学卒業生)

「家庭環境や貧困を理由に夢を諦めてほしくない」 高校の頃からずっとそう思っていました。 小さい頃に父を亡くし母子家庭で育ったため,母が苦労しているのを 目の前で見て感じていました。本来であれば私立に入学することなど、 お金がかかるために諦めるはずですが、母は小さい頃からの私の夢を 応援してくれました。その応援にこたえるために現在は、授業料を全て 奨学金で賄いながら学生生活を送っています。私に出来たのだから他の 子どもだって出来る。諦めなければ、夢は叶うと言うことを子どもたち に伝えたいですし、「子ども時代にどんな大人に出会い、力になってく れたか」は将来を左右する、と思っています。子どもたちが未来に希望 を持ち歩んでいけるよう、成長に愛を与えることが出来るよう活動した いと考え、MOPを立ち上げました。

李 紀慧(理事・慶應義塾大学卒業生)

私は中学3年生の時に片親になりましたが、家族やたくさんの大人に助けられ、 道を灯してもらい、今は慶應義塾大学看護医療学部に在籍しています。 決して自分一人では夢を持つことも、持ち続けることもできなかったと思います。 大学に入り、今度は私自身が家庭環境に問題を抱える子どもの感情の矛先になり、 子どもに愛情を感じ育ってほしいと思い、児童相談所・施設でのボランティアを 始めました。その中で環境故の子どもの「進学」に対する意識・関心の低さや、 児童虐待の現実に驚くことが多々ありました。また、児童相談所を出た子どもと 二度と関われないというつながりの希薄さにも不甲斐なさを感じ、大学の友人である佐藤が腰を上げてくれたことを きっかけに団体を設立するに至りました。子どもと関わるプロでもない私たち大学生ですが、誰もが子どもを大切に思い、 愛情を惜しみなく与えることのできるメンバーが集まっていることがこの団体の誇りです。どうぞ宜しくお願い致します。

田島 圭佑
(理事・慶應義塾大学卒業生)

慶應義塾大学総合政策学部卒業生の田島圭佑と申します。
お陰様でMOPは、2016年の活動開始から4周年を迎えました。
活動する中で、子どもたちにとって変わらない、安心できる環境こそが「居場所」を作るのだと気付かされました。
この3年間、そんな居場所があり続けているのも、地域の皆様そしてご支援者の皆様からいただいた御恩があればこそです。
来年の春からは社会人となる予定ですが、子どもたちにとってこの活動が末永く続くよう、私なりの関わり方を模索していきたいと考えています。

山縣 佳奈(慶應義塾大学卒業生)

慶應義塾大学看護医療学部卒業生の山縣佳奈です! 以前から子ども関係の活動に興味があり、自分も主体として子ども 支援に携わってみたいという思いでMOPに参加をしています。 MOPが、子どもたちの安心できる居場所・自分らしさを発揮すること のできる場所になればと思います。子どもの居場所を作りたいという 思いで参加を決めたのですが、今ではMOPが、私自身の大切な居場所 となっています。 これからも子どもたちやメンバーと、互いに愛を分けあえるような 活動を進めていきたいです!

金淵 藍子
(慶應義塾大学卒業生)

誰もがワクワク生きられる社会をつくりたい。私自身も周囲の友人も、悩み苦しむことの多い思春期でした。家族や学校には心配をかけたくなくて言えないことのある子どもって、私以外にも意外とたくさんいるんじゃないでしょうか。“ほっとする”瞬間を少しでも多く共有することが、きっと素敵な未来につながると信じて、MOPや仕事や友人関係に向き合っています。よかったら一緒に、遊んだり話したり美味しいご飯を「美味しいね」って言いながら食べたりしませんか。

橋本ひろき
(筑波大学大学院1年生)

私は大学院で教育学を学んでいます。
その中でも、学校の価値観に生きづらさを感じる子どもたちに、その価値観に囚われない生き方を示すためにはどうすれば良いかということに関心を持っています。
MOPには多様な大人や学生と関わる場があります。こうした場は子どもたちに学校では身につけられない生き方を学ぶきっかけになると思います。
私が活動に携わることで子どもたちがこうしたきっかけを掴むことができればいいなと思います。

五十川 遥
(千葉大学法政経学部4年)

千葉大学法政経学部4年の五十川遥です!
私は楽しく自由な子ども時代がその後の人生に大きく良い影響を与えると考えています。
困り事を抱えた子どもたちが幸せな生活を手に入れる一助となれたら、と感じます。
今苦しい場所にいる子も、そうでない子も、過去にそうであった子も、1人も欠けることなく子どもたち(学生も☺)が自分を大切に、笑って過ごして欲しい!!と思い、MOPに参加しました。私のこれまでの経験が誰かの救済になることを願って、これからも楽しく活動していきたいと思います。

松山 泰斗
(慶應義塾大学法学部3年)

慶應義塾大学3年の松山泰斗です。
自然豊かな北海道で育った私は、小学生の頃、家に帰るとすぐにカバンをバットとグローブに持ち替えて公園に向かっていました。放課後の公園での草野球が幼い頃の私の居場所だったのです。
一昨年上京して感じたのは空き地が、公園がとても少ないということです。首都圏には子どもたちが自由に遊ぶことのできる空き地や公園がとても少ないのです。
私にとっての公園がそうであったように、子どもたちにとってモップという場所が遊び、ホッとできる場となることを目指してゆきます。
よろしくお願い致します。

宍戸 悠妃那
(慶應義塾大学看護医療学部2年)

慶應義塾大学看護医療学部2年の宍戸悠妃那です。
私は小学生のころから学習塾に通っていた経験から、子どもの頃に勉強をすることの大切さを体験すると同時に、ただ遊ぶだけ、楽しいだけの場所が欲しいとも思っていました。
MOPを知った時、このどちらも叶えることができる環境だと感じました。
今では子どもたち以上に私が楽しんでいるのではないかと思うほど、大切な居場所になっています。
よろしくお願いします。

田邉 孝太郎
(早稲田大学法学部2年)

早稲田大学法学部2年の田邉孝太郎と申します。
私は、高校の時から地元で子ども食堂に携わっており、上京後も同じような環境を求めていたところMOPに行き着きました。
そもそも私は子どもが好きで子ども食堂に関わりを持ったのですが、そこでは様々な家庭環境で育ってきた子どもたちが、一つのコミュニティをより良くしていこうと成長する姿に魅了されました。
MOPは学生が主体となって運営されており、その責任を自覚し、子どもたちと一緒に成長していきたいです。

武生 梨沙
(慶應義塾大学看護医療学部2年)

私がMOPに興味を持ったのは、友人に誘われたことがきっかけです。
実はもともと子どもに苦手意識があり、上手くやっていけるか不安でした。
しかし、いざ活動に参加してみると不安は直ぐに消えました。
子どもたちの笑顔を間近で見ると、自分も嬉しいと感じることに気づいたのです。
同時に、子どもたちの居場所をつくる活動の貴重さを身に染みて感じました。
具体的に何をしたいのかという目標はまだ定まっていません。
それでも、自分らしくMOPに関わっていけたらなと思っています。

香山 友紀乃
(津田塾大学総合政策学部2年)

子どもが育つ環境は将来を左右するのではないかと思います。
そのため、貧困やネグレクトなどにより、彼らの可能性を狭めてしまうことを防ぎたい、困難な状況下にいる子ども達の力になりたいと思っていました。
そんな時に、友人の紹介でMOPを知りました。
MOPはまるで親戚の集まりに来たかのような暖かさがあります。
これからも子ども達の居場所を作るとともに、ここでの活動を楽しんでいきたいです。