メンバー紹介

佐藤 彰恵
 (前代表・慶応義塾大学看護医療学部3年)

s__8323161「家庭環境や貧困を理由に夢を諦めてほしくない」
高校の頃からずっとそう思っていました。
小さい頃に父を亡くし母子家庭で育ったため,母が苦労しているのを
目の前で見て感じていました。本来であれば私立に入学することなど、
お金がかかるために諦めるはずですが、母は小さい頃からの私の夢を
応援してくれました。その応援にこたえるために現在は、授業料を全て
奨学金で賄いながら学生生活を送っています。私に出来たのだから他の
子どもだって出来る。諦めなければ、夢は叶うと言うことを子どもたち
に伝えたいですし、「子ども時代にどんな大人に出会い、力になってく
れたか」は将来を左右する、と思っています。子どもたちが未来に希望
を持ち歩んでいけるよう、成長に愛を与えることが出来るよう活動した
いと考え、MOPを立ち上げました。

李 紀慧
(前代表・慶応義塾大学看護医療学部3年)

img_9089
私は中学3年生の時に片親になりましたが、家族やたくさんの大人に助けられ、
道を灯してもらい、今は慶應義塾大学看護医療学部に在籍しています。
決して自分一人では夢を持つことも、持ち続けることもできなかったと思います。
大学に入り、今度は私自身が家庭環境に問題を抱える子どもの感情の矛先になり、
子どもに愛情を感じ育ってほしいと思い、児童相談所・施設でのボランティアを
始めました。その中で環境故の子どもの「進学」に対する意識・関心の低さや、
児童虐待の現実に驚くことが多々ありました。また、児童相談所を出た子どもと
二度と関われないというつながりの希薄さにも不甲斐なさを感じ、大学の友人である佐藤が腰を上げてくれたことを
きっかけに団体を設立するに至りました。子どもと関わるプロでもない私たち大学生ですが、誰もが子どもを大切に思い、
愛情を惜しみなく与えることのできるメンバーが集まっていることがこの団体の誇りです。どうぞ宜しくお願い致します。
山縣 佳奈
(慶應義塾大学看護医療学部2年)

  慶應義塾大学看護医療学部2年の山縣佳奈です! 
  以前から子ども関係の活動に興味があり、自分も主体として子ども
  支援に携わってみたいという思いでMOPに参加をしています。
  MOPが、子どもたちの安心できる居場所・自分らしさを発揮すること
  のできる場所になればと思います。子どもの居場所を作りたいという
  思いで参加を決めたのですが、今ではMOPが、私自身の大切な居場所
  となっています。
  これからも子どもたちやメンバーと、互いに愛を分けあえるような
  活動を進めていきたいです!


黒木 拓人 (法政大学生命科学部3年)      s__161120262
  法政大学の生命科学部に在学中の黒木拓人です。
  高校時代からの友人である櫻井からMOPの話を聞き紹介してもらい
  入りました。私自身幼い頃に近所の大学生や高校生に遊んでもらった
  経験がありその頃の先輩方は憧れでした。
  そして今、憧れとまではいかなくても少しでも子どもたちの居場所
  であったり笑顔を増やすことができればと思い活動に参加させていた
  だいてます。よろしくお願いします。


芹沢 夏芽
 (慶応義塾大学看護医療学部3年)
   line_p20160920_22233034                                慶応大学看護医療学部3年の芹澤夏芽です。
  私がMOPに入ったきっかけは、前代表の1人に声をかけてもらった
  ことにあります。団体設立までの思い、活動への取り組みの真剣さ
  が、彼女の温かい人柄を通して私にも伝わってきました。
  子ども支援に携わった経験はなかったのですが、活動に魅力を感じ、
  参加を決めました。多くの子どもと触れ合い私自身も楽しみながら、
  子どもたちにとって居心地のいい場所をつくっていきたいです。