MOPについて

学生団体MOPは、"成長に愛を"という活動理念のもと、子どもの居場所をつくるため設立されました。
MOPの特徴としては、以下の点が挙げられます。
・様々な世代と交流できる場をつくる
・子ども自身とその人生に向き合う
・子どもの可能性を広げる

こうした想いを実現するべく、神奈川県藤沢市で湘南台MOP HOME寺子屋を運営しています。 



私たちはいままで、自らの境遇からそれぞれが、「子どもの居場所を作りたい」「成長に愛を届けたい」
「家庭状況を理由に夢を諦めてほしくない」という想いを強く抱き、子どもの支援に関わってきました。

活動内容はお寺をお借りし、学生が遊びや食卓を囲むことを通して子どもの成長を支える、というものです。 
また一同、子どもが学力という武器を持ち、家庭環境を理由に進学を諦めてほしくないという思いがあります。 
そのため、学習指導・奨学金の利用方法を伝える活動も行います。

共同代表
花澤昴乃(慶應義塾大学総合政策学部2年)
中野琴美(東京学芸大学幼児教育専修2年)
甲斐慎之助(慶應義塾大学環境情報学部2年)

理事長挨拶
My Own Place(MOP) 理事長 橋本将吉

平成28年5月8日、若輩ながら理事長に就任いたしましたので、ご挨拶申し上げます。

我が国の児童福祉のあり方が問われるこの時世に、理事長の職に就くにあたり、その責務の重さを痛感しております。
MOPは様々な活動を通して、子供たちに愛を届ける目的で設立された学生団体です。大きな実績等はなく、
まだまだ未熟な組織ではありますが、学生団体だからこそできることを念頭に置き、 沢山の縁を大切にし、
より一層なくてはならない存在となる事ができるよう、喜ぶ子供たちの姿のために 努力する所存です。

今後も更なるご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。